デミオディーゼルの欠点は?知らないで買うときっと後悔すること

デミオディーゼルの欠点は?知らないで買うときっと後悔すること デミオ

デミオディーゼルの欠点は、デミオの欠点というよりディーゼルエンジン自体の欠点でしょう。

ディーゼルエンジンの欠点はススやPMなどの有害な微粒子物質が出るということです。

デミオのクリーンディーゼルエンジンはひと昔前のディーゼルエンジンと違い、黒い煙をまき散らすということは無いですが、エンジン内でススや微粒子が溜まっていきます。

これが最大の欠点で、乗る人にとっては問題が発生します。

デミオディーゼルは、燃費がよく加速がいいですが、これだけで判断すると後悔しますよ。

私もこれを知ってディーゼル車をやめてガソリン車にしました。

よく、「マツダのディーゼルは買うと後悔する」という話がありますが、これはクリーンディーゼルエンジンの欠点を知らない人が乗っているからです。

ここでは、デミオのクリーンディーゼルエンジンの欠点を説明します。

スポンサーリンク

デミオのクリーンディーゼルエンジンに発生するススや微粒子の問題

ディーゼルエンジンは、ガソリンでなく軽油を燃料として使用します。

軽油をエンジン内で噴出して燃焼させますが、その時にススや有害な微粒子が発生します。

そのススや微粒子がエンジン内に溜まっていきます。

実際は、そのススや微粒子を内部で再度燃やしてしまうので、それほど問題ではありません。

ちなみに、このススや微粒子を燃やす仕組みがあるものをクリーンディーゼルといいます。

問題なのは、ススや微粒子を完全に燃やしきれない時になります。

また、クリーンディーゼルエンジンはその仕組みとして、排気ガスを再度吸気側に戻していますので、エンジン内だけでなく吸排気系統にもススが溜まっていきます。

クリーンディーゼルエンジンのススや微粒子を燃やす仕組みとは

軽油を燃焼させて発生したススや微粒子は、エンジン内で再度燃やして無くします。

その仕組みは、「DPF」というフィルターに溜めていき、溜まったススや微粒子を燃焼させます。

これを「DPF再生」といいます。

DPF再生の問題点

ススや微粒子を燃焼させるには高温の熱が必要となっていきますが、エンジンを切ると当然熱が無くなります。

ここが問題になります。

ススや微粒子を完全に燃焼させられず残っていくと、これを取り除く必要があります。

取り除くには、燃焼させるしかありません。

このとき警告灯がつくので、その時点でススや微粒子を燃焼させないといけません。

これを、DPF手動再生といいます。

DPF再生中は、熱を出さないといけないので、当然エンジンをかけておかないといけません。

ススや微粒子を燃焼させる熱はアイドリングだけでの熱では足りないので、DPF再生を行うには、エンジンが温かい状態で時速20km以上の走行を20分ほどしないといけません。

つまり、DPF手動再生を行うときは、20分は車を運転しないといけないということです。

スポンサーリンク

また、このDPF手動再生は、普段長距離で乗っている方でも乗り方にもよりますが約200km走行したら行わないといけないようです。

チョイ乗りで乗る時間が短い場合ほど、頻繁に行わないといけなくなります。

このように定期的にDPF手動再生を行わないといけないのが問題点です。

もし、警告灯に気づかなかったり運転する時間がなく無視したりしてDPF手動再生をしなかった場合、ススや微粒子が溜まっていき最悪車が動かなくなります。

警告灯が点灯から点滅に変わった場合、DPF手動再生ではススや微粒子は取り除くことができなくなります。

警告灯が点滅したら、ディーラーや修理工場にて修理してもらうことになります。当然修理費が必要ですよ。

デミオディーゼルを買ってはいけない人

ディーゼルエンジンのDPF再生が大きな問題になる人は、短距離でしか車を乗らない人です。

近くのスーパーまでの買い物がメインなどチョイ乗りが目的の人には向かないです。

普段はチョイ乗りでも定期的に遠乗りをするというならまだ大丈夫だと思いますが、いつDPF再生が始まるのか分からないので気を付けて乗らないといけません。

DPF再生時の燃費

DPF再生時にススや微粒子を燃焼させるには高温の熱が必要ですが、その熱を出すためにエンジンを回します。

DPF再生時は通常の運転の時よりも回転数が上がるということです。つまり、燃費が悪くなるということです。

ディーゼルエンジンは燃費が良いのが売りなのに、DPF再生で結局燃費が悪くなるってなんか変ですよね。

エンジンオイルの定期交換は必須

ディーゼルエンジンのエンジンオイルの定期的な交換は必須になります。

ガソリン車でも定期的なエンジンオイル交換は必要ですが、ディーゼルエンジンの場合さらにシビアになります。

これもススや微粒子が関係しています。

エンジンオイルがエンジン内部のススや微粒子を取り込む働きがありますが、エンジンオイルが劣化するとこの働きが鈍くなります。

そうなると、エンジン内部にススや微粒子が残っていきヘドロ化していきます。

ヘドロ化するとエンジンをオーバーホールして清掃しないといけなくなります。

また、ススや微粒子に対応したエンジンオイルが必要となり一般的なエンジンオイルより高価になります。

中古車で購入する場合、前のオーナーが定期的にエンジンオイルを交換していたのかしっかりと確認した方が良いですよ。

まとめ

デミオのクリーンディーゼルエンジンのメリットは、燃費とパワーのある加速でしょう。

デメリットは、DPF再生を常に考えておかないといけないこと。

DPF再生は、クリーンディーゼルエンジンの欠点ですね。

気持ちの良い加速と面倒なDPF再生、どちらを取るか悩みどこですが、私はガソリン車を選んでしまいました。

車は週末に乗るぐらいなので、ガソリン車を買って全然後悔していません。

▼関連記事▼
DJデミオの1300ccと1500ccとの違いは?性能や燃費は変わった?
デミオ1300ccのメンテナンス記録!デミオに乗って分かったこと。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
デミオ
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました