デミオの鍵が開かない時の対処方法と鍵の電池交換方法

デミオの鍵が開かない時の対処方法と鍵の電池交換方法 デミオ

朝、デミオに乗るためいつものようにキーを押したのに、車に反応がない。

めちゃくちゃ焦り・・・。

いつもならガチャっとドアの鍵が開いてウインカーが点滅するのにうんともすんとも言わない。

何回ボタンを押しても開かないので、まいったなぁ~って感じです。

デミオの鍵が開かない原因は、スマートキーの電池切れ。

ここでは、スマートキーの電池が切れていた場合どうやって車に乗るか対処法を説明します。

デミオの補助キーを使ってドアを開ける

普段スマートキーを使っていると忘れがちですが、スマートキーの中に補助キーが入っています。

補助キーの取り出し方は、スマーキー裏面にスライドできるノブがあるので、これを外側へスライドさせたまま、スマートキーの上部をひっぱり出します。

引っ張り出したものが補助キーです。

デミオ補助キー

この補助キーを使ってデミオのドアを開けます。

デミオのエンジンをかける

普段だとエンジンのスタートストップボタンを押せばいいですが、スマートキーの電池が切れているため、デミオがスマートキーを認識できずエンジンが掛かりません。

この場合、次のように行えばエンジンが掛かります。

1.いつもエンジンをかけるようにブレーキペダルを踏み続けます。
2.スタートストップボタンのランプ(緑)が点滅します。
3.スタートストップボタンにスマートキーの裏面をかざします。
4.スタートストップボタンのランプ(緑)が点灯します。
5.スタートストップボタンを押すとエンジンが掛かります。

スマートキーに電池が無くてもスタートストップボタンに近づけると認識するようになっているのでエンジンが掛かるんですね。

もし、スマートキーが認識しない場合、ちかくに金属のものや他の車のスマートキーなど電波を出しているものがないか確認してください。電波を妨害しているかもしれません。

スマートキーが電池切れになってもエンジンは掛けられることを知っておかないと出先で電池切れになったら途方にくれますね。

スマートキーをかざしてもランプがつかない場合、車のバッテリーか車自体に問題があるかもしれません。

デミオのスマートキーの電池交換のしかた

デミオのスマートキーの電池は「リチウム電池CR2025」です。

デミオのコイン型電池CR2025

コイン型の電池ですが、コンビニや100均でも売っているので、簡単に手に入ります。

必要な個数は1個です。

スマートキーの電池交換のしかたは以下の通りです。

1.スマートキーから補助キーを抜きます。

2.補助キーを抜いたところの内側に溝があるので、マイナスドライバーなどの細くて平たいもので溝に差してカバーを少し開けます。開けるときはマイナスドライバーをゆっくり回すと開けやすいです。

デミオのキー開ける

※傷をつけないようにドライバーの先をマスキングテープなどで巻いておいた方がいいですよ。私はそのままやってますが少し傷入ったかも・・・

3.少し開けた隙間からマイナスドライバーを使ってゆっくりカバーを少し開けて行きます。半分過ぎるぐらいの位置までマイナスドラバーをずらしていきます。

デミオのキー外側開ける

4.反対側も同じように行います。
5.両端の開いた部分を自分の爪をひっかけてカバーを外します。

デミオのキー開けたところ

6.中央に黒いフタがあるので、黒いフタを外すと電池があります。

デミオのキーの中の電池

7.新しい電池と入れ替えます。電池はプラス側が上です。
8.上記の逆の手順で、フタとカバーを取り付けます。
9.補助キーを差して終了です。

やってみると簡単ですが、最初はカバーを開ける時が少し固いので、不安になります。

カバーが曲がったり傷が入らないようにゆっくり落ち着いてやってみましょう。

自信がなければ、ディーラーに頼めば交換してもらえますよ。

電池の寿命は使用頻度にもよりますが1~2年位と言われています。定期的に交換するのが良いですね。

また、予備のスマートキーの電池も忘れずに一緒に交換しておきましょう。

まとめ

デミオの鍵が開かない場合は、焦らないで補助キーを使ってドアを開けてください。

エンジンは、スマートキーの裏面をスタートストップボタンにかざして押せばエンジンは掛かります。

電池が切れて鍵が開かなくなって落ち着いて対処しましょうね。

予防策として、定期的にスマートキーの電池は交換しましょう。

この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
愛車DJデミオやパソコン・ゲームについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
デミオ
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました