デミオのウォッシャー液の交換方法。おすすめのウォッシャー液はこれ!!

デミオのウォッシャー液の交換方法。ウォッシャー液のおすすめはこれ!! デミオ

デミオのウォッシャー液を交換しました。

今までウォッシャー液の補充とかしたことなかったのに切れたことなかったので、いつもは点検時等に補充してもらえてたのかなと思っています。

それで、何を入れているのか分からないのが嫌だったので、ウォッシャー液を交換してみました。

ここでは、デミオのウォッシャー液の交換のやり方とおすすめのウォッシャー液を紹介します。

スポンサーリンク

▼関連記事▼
デミオ1300ccのメンテナンス記録!デミオに乗って分かったこと。

デミオのウォッシャー液の交換方法

デミオのウォッシャー液を交換するには、まず今入っているウォッシャー液を出し切らないといけません。

デミオのウォッシャー液の場所

※デミオのウォッシャー液の位置はボンネットを開けて左手前です。青いキャップがついています。

ウォッシャー液を出し切る方法には、サイフォン方式というのがあります。

このサイフォン方式はホースが必要になるので、わざわざ用意するのも面倒なので、この方法はやりませんでした。

私の場合は、普段ワイパーを動かしてフロントガラスにウォッシャー液をかけるやり方で全部出し切りました。

ウォッシャー液を出し切る方法としては、これが一番簡単で楽な方法です。

ただ、この出し切る方法は連続で出しすぎるとモーターが壊れる可能性があるので、休み休み動かしました。

ウォッシャー液の交換を急いでいたわけではないので、10秒出したら10秒休むとか赤信号で停まったときに出すとかして、何日か掛けて出し切りました。

全部出し切ったら、ウォッシャータンクの内部を綺麗にするために水道水を入れて、同じように出し切るのを2~3回行いました。

ウォッシャー液によっては、異なるウォッシャー液を混ぜて使うことがダメな場合もあるので、タンク内を洗った方がいいです。

また、水道水を入れる場合は長い間入れているとカビが生えたりするそうなので、短時間で使い切る量を何回かに分けて入れた方が良いです。

なお、水道水を使う場合は、自己責任でお願いしますね。

タンク内の水道水を使い切ったら、新しいウォッシャー液を入れます。

これで交換は終了です。

あっ、私の場合、新しいウォッシャー液は一気に全部入れませんでした。

混ざりを無くすために最初は半分ぐらいに入れて、使い切った後に残りのウォッシャー液を入れました。

▼関連記事▼
デミオのボンネットの開け方と閉め方。開け閉めに注意することとは?

デミオのウォッシャータンクの容量は?

DJデミオのウォッシャータンクの容量は2.2Lです。

ちなみに、デミオには4WD車もありますが、4WD車のウォッシャータンクの容量は3.5Lです。

ウォッシャー液が満タンに入っている場合は、ウォッシャー液を出し切るには時間がかかりそうです。

一気に出し切ることはやめた方がいいですね。

デミオのリア用のウォッシャー液の補充方法は?

DJデミオにリア用のウォッシャー液はありません。

フロントのウォッシャー液と兼用になっています。

スポンサーリンク

だから、リア用のウォッシャー液の補充もボンネットを開けたところの注入口から行います。

デミオにおすすめのウォッシャー液は超純水

私のおすすめは 「ゼロウォッシャー 超純水クリアータイプ」です。

ゼロウォッシャー

ウォッシャー液には、普通のウォッシャー液は撥水タイプとかあるけど、一番いいのは純水タイプのウォッシャー液だと思っています。

理由は、ウォッシャー液を使うと分かると思いますが、フロントガラスに当たったウォッシャー液が飛び散ったりして、車のボティーについたりしますよね。

特に、ウォッシャーノズルがボンネットにあるからボンネットにウォッシャー液の跡が必ずつきますよね。

それが嫌なんですよね。

フロントガラスは綺麗になるけど、周りが汚れてるっていうのが嫌なんです。

撥水はフロントガラスにフッ素コーティングをしているので、私の場合は問題ないです。

ゼロウォッシャー 超純水クリアータイプは、ストレートタイプで希釈する必要がないので、そのままウォッシャータンクに補充します。

容量は2Lあり、デミオのウォッシャータンクは2.2Lなので、ウォッシャー液が無くなったら何も考えずに一気に入れられるのも楽です。

マイナス30℃まで凍らないので冬場の凍結の心配もなく、特殊気化性清浄成分というのが入っていて、使うとフロントガラスがめちゃくちゃ綺麗になって跡残りも少ないです。

また、ゼロウォッシャーのキャップに、「まぜないで」のシールが貼ってあります。それを車のウォッシャー液の蓋に貼っておくと良いですよ。

ゼロウォッシャーのまぜないでシール

点検等の時に整備士さんがサービスでウォッシャー液を入れることも防いでくれるので安心です。

ウォッシャー液を全部出し切りたいときも、先にこのシールを貼っておけば点検の時に補充されなくて済みますよね。

ウォッシャー液をサイドガラス、リアガラスのガラス拭きに使う。

これは、「ゼロウォッシャー 超純水クリアータイプ」をスプレーボトルにいれて、サイドガラスやリアガラスが汚れているときにスプレーして拭いています。

水道水で洗うより綺麗になって良いです。

正しい使い方かどうかは分からないので、自己責任でやっています。

まとめ

デミオのウォッシャー液の交換は、まず今のウォッシャー液を抜くこと。

抜き方は、一番簡単で確実なのは、普通にウォッシャー液を出すスイッチを押すことです。

ただし、連続使用はモーターに負担になるので休み休み行ってください。

ウォッシャー液をのおすすめは 「ゼロウォッシャー 超純水クリアータイプ」です。

フロントガラスが綺麗になるのでホントに良いです。

▼関連記事▼
デミオ1300ccのメンテナンス記録!デミオに乗って分かったこと。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
デミオ
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました