DJデミオのワイパーのサイズは?種類と交換方法について

DJデミオのワイパーのサイズは?種類と交換方法について デミオ

DJデミオのワイパーのサイズは、運転席側 550mm 助手席側 425㎜ リア側 350mmです。

オートバックス等のカー用品店には、ワイパーがずらーっと陳列していて、何を買えば良いか悩みますね。

ここでは、ワイパーの種類とワイパーの交換方法について書いています。

ワイパー交換は簡単にできるので自分でやってみるのもいいですね。

スポンサーリンク

DJデミオのワイパーのサイズについて

DJデミオのワイパーのサイズは、運転席側 550mm 助手席側 425㎜ リア側 350mmです。

オートバックスなどで購入する場合はサイズを間違えないようにしてくださいね。

ほとんどのワイパーの商品は品番がサイズの数字が入っているので分かりやすいと思います。

品番がサイズの数字になっていないときは、ワイパー売り場のところに車種ごとの適合表のカタログが置いてあるので、適合表を確認してください。

ワイパーの種類

オートバックスなどのカー用品店に行くとワイパーがずらーっと並んでいてどれを買えばいいか悩みますよね。

ワイパーの種類は、ノーマルタイプ・グラファイトタイプ・撥水タイプの3種類に大きく分けられます。

ノーマルタイプは普通のワイパーです。

グラファイトタイプは、グラファイト粒子というのをワイパーゴムにコーティングしています。

グラファイト粒子によってゴムとガラスとの抵抗を減らしているので、フロントガラスに撥水加工やコーディングをしている車に向いています。

フロントガラスに撥水加工やコーディングをしている車にノーマルワイパーをつけると抵抗が大きいので、ワイパーが跳ねたりガガガとビビリ音がなったりします。

フロントガラスに撥水加工やコーディングをしていない車にグラファイトタイプを使用しても問題はないです。

最近はノーマルタイプの製品は少なくグラファイトタイプが主流になっているようです。

撥水タイプは、ゴムに特殊加工がされていて、ワイパーを使うとフロントガラスがコーティングされて撥水加工したようになります。

フロントガラスを撥水加工やコーティングをしたいけど、時間がないとか面倒だという場合は、撥水タイプを使うと簡単にフロントガラスがコーティングされるので大変便利です。
ただ、撥水加工が出来るのは当然ワイパーのあたる部分だけなのでその部分だけ撥水しているのも変な感じですが。

価格は、ノーマルタイプ > グラファイトタイプ > 撥水タイプ の順で高くなっています。

ワイパーの寿命

ワイパーの寿命はブレードが1年、ゴムが半年と言われています。

私は年1回を目途に交換しています。

実際の寿命は、ワイパーの環境によって変わってきます。

スポンサーリンク

ワイパーは外に野ざらしの状態なので、雨や雪が多かったり日差しの当たり方によって劣化のスピードが変わってきます。

ワイパーは劣化していくと筋状の線が残ったり、ガガガっと引っ掛かりやビビリ音がしたりふきムラが出来たりしますので寿命が分かりやすいですね。

劣化した状態だとふき取りも十分にできなくて視界が悪くなるしフロントガラスにも負担がでてくるので事故などが起きる前に交換した方がいいですよ。

デミオのワイパー交換の方法

カー用品店でワイパーを買うとそのまま交換をしてくれるところもありますが、工賃を取るところもあります。

無料だったらお願いするけど有料ならちょっと考えますよね。

デミオのワイパーの交換はブレードごとなら簡単なので自分でもできますよ。

ワイパーは、ワイパーアームとワイパーブレードとゴムの3つの部分から構成されています。

ワイパーアームは車体に取り付けられている部分です。

このワイパーアームにワイパーブレードがついていて、ワイパーブレードにゴムがついています。

一般的にワイパー交換とは、ゴムと一緒にワイパーブレードごと交換するかあるいはゴムだけ交換するかになります。

当然費用は、ゴムだけの方が安く済みます。

ブレードごと交換する場合は、ワイパーアームからワイパーブレードを外さないといけません。

ワイパーブレードの外し方は、ワイパーアームの先はフックになっているので、ワイパーブレードの蓋を外してフックから外すだけです。

取り付けは、取り外しと逆にフックに掛けるだけです。

ゴムはワイパーブレードに既についています。

交換時の注意する点は、ワイパーブレードをワイパーアームから外した時は、ワイパーアームが急に倒れてもいいようにフロントガラスにタオルなどを置いてクッションにしておいた方がフロントガラスに傷が付かなくて良いです。

ゴムのみの交換方法

ゴムのみ交換する場合は、ワイパーブレードからゴムを外す必要があります。

ワイパーブレードを車につけたままで作業をするとやりづらいので、一旦ワイパーブレードをワイパーアームから外します。

ワイパーブレードからゴムを外して、新しいゴムを取り付けます。

このとき、新しいゴムに金属がついていたらそのまま使えますが、付いていない場合は、古い方についている金属を流用することになります。

まとめ

DJデミオのワイパーのサイズは、運転席側 550mm 助手席側 425㎜ リア側 350mmです。

ワイパーの種類は、3つありますが悩む場合はグラファイトタイプを購入するのがおすすめです。

ワイパー交換は自分で簡単にできるDIYです。チャレンジするのもいいかもです。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
デミオ
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました