車にぬいぐるみを固定する方法は?かわいいけど交通違反の可能性あり

車にぬいぐるみを固定する方法は?かわいいけど交通違反の可能性あり カーライフ

車のダッシュボードにぬいぐるみを固定したい場合、その方法はこの2つ。

1.マジックテープで止める
2.滑り止めシートに置く

車のダッシュボードにぬいぐるみを飾っている人をよく見かけますよね。

自分も車に飾りたいけど、走っているときに動いたり落ちたりしないの?
と不安になりますよね。

私も、ぬいぐるみじゃないけど、芳香剤のケースを置いていて、思いっきりハンドルを切ったとき、ケースが飛んでいったことがあります。(汗

そんあことが起こらないように、ぬいぐるみを固定する方法を紹介します。

あっ、ダッシュボードにぬいぐるみを置くと警察に捕まるかもしれないのでその辺も説明しますね。

スポンサーリンク

方法1 マジックテープで止める。

マジックテープを車とぬいぐるみに貼ってお互いをくっつける方法です。

マジックテープは100円ショップで販売されているもので大丈夫です。

選ぶポイントは裏に粘着シールがついているマジックテープを買いましょう。

使い方は、マジックテープは2つで1つになっているので、片方をぬいぐるみに貼って、もう片方をダッシュボードに貼ればOKです。

ぬいぐるみにマジックテープを貼る場合は、マジックテープが見えないように大きさをぬいぐるみに合わせてから切りとって貼った方が見た目が綺麗です。

ダッシュボードに貼る場合も、ぬいぐるみの大きさに合わせた方が見た目が良いですが、大きめに貼った方がより安定しやすくなります。他のぬいぐるみに変える時もそのまま使えたりしますよ。

これだけで、ぬいぐるみが固定されます。

これなら両面テープでいいんじゃない?と思うかもしれませんが、両面テープだとぬいぐるみを変えたり、掃除とかでぬいぐるみを取り外したりするたびにテープを貼りなおすことになるので、粘着部分がダッシュボードについて汚くなるのでやめた方がいいいです。

方法2 滑り止めシートで止める。

カーショップでも100円ショップでも売っていますが、滑り止めシートを使う方法です。

これは、滑り止めシートをダッシュボードに貼って、その上にぬいぐるみを置くだけです。

スポンサーリンク

滑り止めシートには、ダッシュボードに貼り付けないで置くだけでもいいのがありますのでこのタイプを使うとダッシュボードが汚れなくていいです。

これだけでぬいぐるみは固定されますが、滑り止めシートの性能やぬいぐるみの重さによっては急ハンドルを切ったときなどぬいぐるみが飛んでいく危険性があります。

あまり滑り止めシートはおすすめしません。

車のダッシュボードにぬいぐるみを置くと交通違反になる?

車のダッシュボードにぬいぐるみを置く場合は気を付けてくださいね。

なぜなら道路交通法では、前方の視界に邪魔になるものを置いた場合は違反となります。

そのまま車検に出すと、車検に通らない可能性もあります。

よく交通安全のお守りなどをフロントガラスに吸盤で止めている車がありますよね。

実は、あれも違反です。わたしも以前知らずにやっていましたが、これを知って今はやめました。

フロントガラスの下の方にぬいぐるみを置くぐらいならいいかも・・・と思いますが、

小さい子供とかはぬいぐるみが死角になって、気づかず事故を起こすことを考えるととっても怖いです。

それから、エアバックの位置にも気を付けましょう。

助手席側のエアバックは、ダッシュボードに設置されています。

マジックテープがエアバックの位置に当たっていないか確認してください。

また、事故などでエアバックが開いた場合、ぬいぐるみにエアバックが当たらない場所に置くようにしてください。

ぬいぐるみの日焼けに注意

車のダッシュボードにぬいぐるみを長い時間置いておくと、ぬいぐるみが日焼けするかもしれません。

最近の車のフロントガラスにはUVカットがされているガラスもありますが、100%カットするものではないかもしれません。

大事なぬいぐるみでしたら日焼け対策も忘れずに行いましょう。

まとめ

車にぬいぐるみを固定したい場合、マジックテープで止めるか滑り止めシートに置くかになります。

安全に置くならマジックテープがおすすめです。

ダッシュボードに置く場合は前方視界の妨げにならないように気を付けて置いてください。

スポンサーリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました