エネオスのバッテリー交換の値段はいくら?工賃はいるの?

エネオスのバッテリー交換の値段はいくら? カーライフ

エネオスのバッテリーで販売しているヴィクトリーフォース。

赤い筐体で超最強バッテリーと言われるとなんか凄そうですが値段が気になりますよね。

ここでは、エネオスのバッテリー交換の値段がいくらなのかまとめています。

スポンサーリンク

▼関連記事▼
エネオスのバッテリーの製造元はどこ?ヴィクトリーフォースの評価はどうなの?

エネオスのバッテリー交換の値段

エネオスのバッテリーのヴィクトリーフォースの値段は、

アイドリングストップ車用では、

  • VFI-M-55/B20L  ¥17,820
  • VFI-M-55R/B20L¥17,820
  • VFI-N75/B24L    ¥32,076
  • VFI-Q-95/D23L    ¥40,392
  • VFI-S-110/D26L   ¥43,956

アイドリングストップ車ではない普通車用では、

  • VFL-60B19R(L) ¥14,968
  • VFL-80B24R(L) ¥28,036
  • VFL-100D23R(L) ¥36,828
  • VFL-125D26R(L) ¥40,035
  • VFL-145D31R(L) ¥42,292

となっています。

この価格は、私の近所にあるエネオスでの価格なので、店舗によっては異なる可能性があります。

アイドリングストップ機能がついている車には、アイドリングストップ車専用のバッテリーにする必要があります。

アイドリングストップ車は、エンジンを掛ける頻度が高くなるため、その分性能の良いバッテリーでないと故障の原因になってしまいます。

性能が良い分、価格が普通のバッテリーより高いですよね。

燃費が良いアイドリングストップ車だけど、結局バッテリー代であまり変わらないような気がしますね。

ちなみに私の車デミオのバッテリーもヴィクトリーフォースに交換しました。

VFI-Q-95/D23Lのバッテリーとなり価格は40,392円です。

ガソリンスタンドのエネオスが販売しているバッテリーということで少し不安でしたが、全然問題ありません。

スポンサーリンク

エネオスでのバッテリー交換の工賃は?

オートバックスなどのカーショップでは、バッテリー交換の工賃は540円~となっていてどこのカーショップでも同じぐらいの金額です。

私がバッテリー交換したエネオスでは、工賃は無料でした。

工賃代もバッテリーの価格に含まれているんでしょうね。

エネオスのバッテリーを安く買う方法

エネオスのバッテリーであるヴィクトリーフォースはエネオス専用であり、オートバックスなどのカー用品店やホームセンターでは販売されていません。

そのため安売りにはならないですね。

しかし、安く買う方法があります。

それは、キャンペーンを狙うことです。

エネオスのガソリンスタンドでは、毎月色々なキャンペーンを行っています。

そのキャンペーンではバッテリーのキャンペーンを行うこともあるんですね。

いつキャンペーンをするかは店舗次第ですが、お店のスタッフに聞いてみるとキャンペーンが近いと教えてくれますよ。

私の場合も、キャンペーンがいつあるのかをスタッフに聞いてその時にバッテリー交換を行いました。

そのときは、VFI-Q-95/D23Lのバッテリー価格40,392円を27,120円にしてもらいました。

なんと、30%OFFの値段ですね。

バッテリー交換の時期を考えるならキャンペーンの時期を狙った方が断然良いです。

まとめ

エネオスのバッテリーの値段は、デミオクラスの値段で40,392円でした。

アイドリングストップ車のバッテリーは高性能なため普通のバッテリーより高いです。

バッテリーが上がるまで使ってあたふたするより、キャンペーンなどを狙って早めに交換するのが良いですよ。

▼関連記事▼
エネオスのバッテリーの製造元はどこ?ヴィクトリーフォースの評価はどうなの?

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
カーライフ
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました