XPS13のマウスにおすすめはこれ!マウス購入で気を付けることは?

XPS13のマウスにおすすめはこれ!マウス購入で気を付けることは? XPS13

XPS13におすすめのマウスは ロジクール M590MG です。

XPS13に限らずノートパソコンにはタッチパッドが付いているのでマウス操作はできるけど、操作しにくいですよね。

ドラッグアンドドロップとか上手くできなくて、変なところにファイルが移動したり・・・

やっぱりマウスは必要です。

ということで購入しました。購入したマウスはロジクールM590MGです。

とても使い勝手がいいのでおすすめです。

ここではマウスを購入するときに気を付ける点とおすすめの理由を説明します。

スポンサーリンク

XPS13でマウスを購入するときに気を付ける点

XPS13でマウスを使う時に気を付けることは、接続方法です。

XPS13にはType-Cのポートが3つだけ。つまりUSB2.0のポートがありません。

XPS13の付属品には、USB2.0への変換アダプターがついていますが、これが使い勝手というか見た目がちょっと悪いです。

スリムでスタイリッシュなXPS13からピーンってアダプターが出てるのがなんだかかっこ悪いです。

有線のマウスを接続するならまだマシですが無線の場合は、この変換アダプターにレシーバーをつなぐのはなんかイヤです。

なので、XPS13でマウスを使うならbluetooth接続のマウスが絶対いいです。

XPS13はbluetooth内蔵なので追加パーツも不要で端子を使うこともなく見た目もすっきりです。

ロジクールM590MGはおすすめ

bluetooth対応ということで購入したのはロジクール M590MG です。

ロジクールM590MG

これは、BluetoothだけでなくUnifyingでも接続することが出来ます。

スポンサーリンク

Unifyingはロジクールの独自の無線技術です。
UnifyingはUSB2.0で使用するレシーバーですが、ロジクール M590MGにちゃんと同梱されています。

BluetoothとUnifyingの接続切り替えは、マウスの上部にあるボタンを押すだけで切り替えが出来ます。

どちらの接続方法でも選べるし、例えばパソコンが2台あって片方をBluetoothにしてもう片方をUnifyingで使えるように設定しておけば、マウスのボタンを押すだけで切り替えて使用できます。

ボタンも5つボタンでチルトホイールも付いているので、マウスに必要なものは揃っていると思います。

そして、静音設計もいいです。

クリック音がないので、夜中も静かに作業できて、カフェや図書館で作業するときも周りを気にすることなく使用できます。

私も夜中作業がメインなので周りを気にせず使えて助かっています。

XPS13のタッチパッドを無効にする方法

タッチパッドはちょっと当たっただけでも反応してカーソルが変なところにいくことがありますよね。

私の場合、癖なのか分からないけど、マウスからキーボードに手を動かしたりするとき、手がタッチパッドに当たって勝手にカーソルが動いてイライラします。

こんなイライラを解消するには、マウスを使っているときはタッチパッドを無効化します。

タッチパッドを無効化するには、Windows10の設定を変更します。

Windows10のスタートメニューから設定を選択。デバイスを選択して、タッチパッドを選択します。

タッチパッドの項目で「マウスの接続時にタッチパッドをオフにしない」のチェックを外します。

これで、マウスを接続しているときはタッチパッドが反応しなくなります。

まとめ

XPS13にはType-C端子しか接続できないので周辺機器を買うときは注意が必要です。

XPS13でマウスを使用するならBluetooth接続が絶対便利です。

マウスは、大きさや重さなど個人によって好みが変わるかと思いますが、私はロジクール M590MG をおすすめします。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
XPS13
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました