CDレコはiPhoneで使えない?対応機種や原因は?

CDレコはiphoneで使えない ガジェット

CDレコがiPhoneで使えないというのは間違いです。

ちゃんと、CDレコはiPhoneに対応していますよ。

ただ、使えないiPhoneもあるようです。

ここでは、CDレコがiPhoneが使えない場合や対応機種、無線ルーターが必要なのかまとめています。

スポンサーリンク

CDレコはiPhoneが使えない?

CDレコがiPhoneで使えないのは、使用するiPhoneが古い場合です。

CDレコを使う場合、専用アプリがiPhoneに対応していないと使えません。

CDレコ本体はケーブルモデルとWi-Fiモデルがあるけど、ケーブルモデルではLightning用のケーブルが付属しているので問題ありません。

Wi-Fiモデルは問題なくiPhoneとつながります。

古いiPhoneを使う場合はiOSのバージョンが対応機種か確認しましょう。

CDレコが使えるiPhoneの対応機種

CDレコの専用アプリ「CDレコミュージック」はiOSのバージョンが12.0以降が対応となっています。

なので iOSが12.0より前のiPhoneではCDレコは使えません。

機種でいうとiPhone5あたりになります。

iPhoneが古い場合は、iOSをアップデートしてみるといいかもです。iOSが12.0以降になるかもしれませんよ。

使用するiPhoneのiOSバージョンが分からないとか不安な場合は、アプリ「CDレコミュージック」を実際にダウンロードしてみるといいです。

「CDレコミュージック」をダウンロードして起動できれば使用することができます。

「CDレコミュージック」は無料アプリなので、CDレコを持っていなくても使えますよ。

スポンサーリンク

CDレコは無線ルーターが必要?

CDレコのWi-Fiモデルの場合、無線ルーターが必要だと思っていませんか?

Wi-Fiモデルって聞くとそう思いますよね。

実は、無線ルーターは不要です。

CDレコとiPhoneがWi-Fiを利用して直接つながるんですね。

ただ、CDの音楽を取り込んだ後、曲名や歌詞を表示するのにインターネットにつなぐ必要があります。

そのときは、インターネットにアクセスするための通信環境が必要になります。

普段インターネットにつないでいる環境を使えば問題ありません。

あっ、

取り込んだ音楽はiPhone内のストレージに保存されます。

音楽を聞くときはインターネットにつながなくてもオフラインで再生できますよ。

CDレコはiPhoneで使えない まとめ

CDレコはiPhoneでも使えます。

使えない場合は、iOSが古いからです。

CDレコで取り込んだ音楽を再生するには、専用アプリ「CDレコミュージック」が必要です。

この「CDレコミュージック」はiOS12.0以降が対応機種となっています。

CDレコを使用するiPhoneのiOSを確認してみましょう。

取り込んだ音楽を聞くときもオフラインで再生できるので、サブスクみたいに通信料はかからないです。

いつでもどこでも何回でも好きな時に聞けますよ。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
ガジェット
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました