PS5のレストモードの消費電力と電気代はいくら?電源オフとどっちがいい?

PS5のレストモードの消費電力と電気代はいくら? PS5

PS5のレストモードの 電気代は1日1円もかかりません。

使わないときはずっとレストモードでもいいですが、レストモード中に不具合が出たり最悪PS5本体が壊れることもあります。

ここでは、PS5のレストモードと電源オフはどっちがいいか、消費電力と電気代やレストモードのメリット・デメリットについてまとめています。

スポンサーリンク

PS5のレストモードの消費電力と電気代

PS5のレストモード時の消費電力は、0.5W以下となっています。

電力を0.5Wとして電気代を計算すると、1時間あたり 0.013円になります。

※1kWhを一般的な 27円で計算しています。

24時間で 0.32円なので1日中ずっとレストモードにしていても1円かからないんですね。

私は、PS5を使わないときはいつも電源を切っていますが、レストモードでも電気代は気にしなくてもよさそうですね。

PS5のレストモードの設定でさらに省電力にする方法

レストモードの消費電力は0.5W以下ですが、レストモード時に出来る機能の設定で消費電力を少なくすることが出来ます。

レストモード中の機能の設定には、
・USB端子に給電
・常にインターネットに接続

があります。

これらをオフにすれば最低限の消費電力でレストモードを行なえます。

少しでも電気代を節約したいときは設定を見直してもいいですね。

まぁ、すべてオフにするなら電源を切ってもいいのかなと思いますが。。。

PS5のレストモードのメリット

PS5をレストモードにしておくメリットは、すぐにゲームが始められるということですね。

あとは、自動的にシステムやソフトウェアのインストールやアップデートを行なってくれていつでも最新のバージョンでゲームが出来ること。

それにPS5のコントローラーの充電ができるので、ゲームをやめた後にUSBケーブルを接続すればコントローラーの充電ができて、バッテリー切れの心配をしなくていいことですね。

裏ワザとしては、

ソフトウェアのダウンロード、インストール、アップデートは、起動中よりもレストモードの方が余計な処理を行なわないだけ少し速くなります。

少しでも早く終わらせたい場合は、レストモードで行なうといいですよ。

PS5のレストモードのデメリット

PS5のレストモードのデメリットは電気が通っていることを忘れないようにすることです。

レストモードの時に停電になったり、うっかり電源コードを抜いたりしないようにしてください。

最悪な場合はPS5本体が壊れたり、セーブデータが消えたりします。

レストモードにする前にセーブしていなかったらそれまでのデータは当然なくなります。

PS5のレストモードで不具合はある?

PS5のレストモード時の不具合って結構あります。

レストモードから復帰できなかったり、いつの間にか電源が切れていたり。

スポンサーリンク

PS5のシステムアップデートで改善はされていますが、何が起こるか分からないです。

パソコンでもそうですが、自動的にアップデートを行なっているときは結構不安定です。

システムとソフトのアップデートが同時に行なわれると、想定外のエラーが発生したりします。

画面を見ても処理が止まっているのか処理中なのか判断がつきにくいので電源を切ってもいいかすごく考えます。

自動的にアップデートなどやってくれるのは楽ですが、私はやっぱり使わないときは電源オフがいいです。

PS5はレストモードと電源オフはどっちがいい?

PS5の電気代を気にする場合、「レストモードより電源オフがいい」と思いがちですが、実はそうでもないです。

PS5を立ち上げるときは通常より電力を使用するのでその分だけ電気代がかかります。

こまめに電源をオフにするより、すぐに使うならレストモードの方が負担がかかりません。

レストモードで気を付けないといけないことは、停電や落雷です。

予期せぬことで電気が切れた場合のPS5の故障は最悪ですよね。

食事やお風呂など30分から1時間ぐらい使わないならレストモードでもいいですが、それ以上だと電源を切ったほうが万一のことを考えると無難です。

私は、PS5を使用する頻度は少ないので使わないときは電源をオフにしています。

ちなみに私は、PS5のコントローラーの充電はPS5本体ではなくノートパソコンの充電器でやっています。

▼関連記事▼
PS5のコントローラーがコンセントから充電は出来る?純正以外の充電器で検証してみた。

PS5のゲーム時の電気代は1ヶ月でいくらになる?

PS5の最大消費電力は350Wなので1時間あたり9.45円になります。

1日1時間ゲームして1ヶ月約283.5円です。

ただし、PS5は常に最大の350Wを使用しているわけではありません。

通常のゲームプレイだと消費電力は200Wぐらいです。

この場合で計算すると1時間の使用で5.4円です。

1日1時間ゲームして1ヶ月だと162円になります。

※1kWhを一般的な 27円で計算しています。

PS5の電気代は高いイメージがありましたがそれほどでもないですね。

ちなみに、PS4、PS3の電気代は

PS3の最大消費電力は旧モデルは380W、新モデルは190W。

PS4の最大消費電力は旧モデルは250W、新モデルは230W。

PS4proの最大消費電力は310W。

これを考えると、PS5の省電力化が凄いな~って思いますね。

今後、新モデルがでるともっと下がりそうですね。

PS5のレストモードの消費電力と電気代はいくら まとめ

PS5のレストモード時の電気代は1時間で0.001円程度。

1日24時間レストモードでも1円かかりません。

電気代からみるとずっとレストモードでもいいですが、停電とかが怖いです。

私は、PS5を大事に使いたいので電源オフにします。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
PS5
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました