PS5の電源の切り方は?レストモードと電源オフの違いは何?

PS5の電源の切り方は?レストモードと電源オフの違いは何? PS5

PS5の電源の切り方は2通りあります。

コントローラーから行なう方法とPS5本体から行なう方法です。

基本はコントローラーから電源を切る方法です。

ここでは、PS5の電源の切り方と電源オフとレストモードの違いをまとめています。

スポンサーリンク

PS5の電源の切り方①コントローラーで電源を切る方法

PS5の電源の切り方は、コントローラーから切るのが基本です。

コントローラーのPSボタンを押すとメニューが現れます。

画面の下の一番右に電源のマークがありますので、それを選択します。

すると以下の選択肢が表示されます。

・レストモード
・電源を切る

この中の「電源を切る」を選択するとPS5本体の電源が切れます。

PS5の電源の切り方② PS5本体で電源を切る方法

PS5本体でも電源を切る方法がありますが、この方法はどちらかというと緊急用です。

通常はコントローラーから電源を切りましょう。

PS5本体で電源を切る方法は、PS5本体の電源ボタンを10秒以上長押しします。

電源ボタンの位置は、PS5本体の左側(横に置いている場合)にあります。

PS5本体の電源の位置

電源ボタンを長押しするとPS5本体の電源が切れます。

何らかのトラブルでコントローラーで電源が切れなくなった場合は、この方法でPS5本体の電源を切って強制終了させましょう。

10秒は意外と長いです。なかなか切れないかもしれませんが、長押ししてください。

押すのが短い場合、電源の切断ではなくてレストモードになるので気をつけてくださいね。

PS5の電源の切り方③ コントローラーでもPS5本体でも切れない場合に電源を切る方法

何らかのトラブルで、コントローラーでもPS5本体の電源でも切れなくなった場合は、PS5本体のコンセントを抜くしか方法がありません。

PS5が起動しているときにコンセントを抜くとゲームのセーブデータが消えたり、最悪PS5本体が故障する可能性があります。

何をやってもPS5本体の電源が切れなくなった場合の最終手段として行なってください。

PS5の電源オフとレストモードの違いは?

PS5の電源オフは、そのままの意味でPS5本体の電源を完全に切っている状態です。

PS5のレストモードは、PS5本体が待機状態になることです。

レストモードでは、省電力でPS5が起動している状態で、電源を切った場合より断然早く起動出来ます。

また、レストモード中はPS5のコントローラーの充電、システムやソフトのアップデートなどが自動で行なわれるので、常に最新の状態になっているので便利です。

レストモードの裏技もあります。

アップデートやゲームのインストールはレストモードの時が通常より早く出来るので、少しでも早く終わらせたい場合はレストモードにするといいですよ。

スポンサーリンク

PS5の電源オフとレストモードはどっちがいい?

PS5のレストモードは起動が早くなるのでゲームを再開するときはストレスなくプレイを続けられます。

気をつけたいのは停電です。

レストモード時に停電になった場合、いきなりコンセントを抜いた時と同じようにセーブデータが消えたり故障の原因になります。

食事やお風呂などの時間ぐらいならレストモードでもいいかもしれませんが、電源オフの方が安全です。

私は、レストモードは使わずにいつも電源をオフにしています。

PS5の電源の切り方 まとめ

PS5の電源の切り方はコントローラーで行なう方法とPS5本体で行なう方法があります。

通常はコントローラーから切るようにしましょう。

PS5本体で切る場合は10秒以上かかりますがコントローラーならすぐに切れるし簡単です。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
PS5
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました