PS5でブレーカーが落ちる?2つの原因と対策

PS5でブレーカーが落ちる?2つの原因と対策 PS5
[広告] 当サイトはアフィリエイト広告を利用しています。

PS5でブレーカーが落ちる原因は、電気の使いすぎです。

使いすぎというのは、長時間使っているからという意味ではないですよ。

消費電力の上限を超えているということです。

ここの記事では、ブレーカーが落ちないようにするための電力の考え方と対策をまとめています。

ブレーカーが落ちるとPS5本体の故障の原因にもなります。

安心してゲームが出来るように対策をしておきましょう。

PS5でブレーカーが落ちる原因は?

PS5でブレーカーが落ちる原因は、同時に使用している電力が上限を超えているからです。

「同時に」ということがポイントです。

電気を何時間もずっと使っているということではないですよ。

電気の上限は、契約アンペアでの上限と1つのコンセントでの上限の2つあります。

一つずつ説明しますね。

ブレーカーが落ちる原因①消費電力が家の契約アンペア数を超えている

家で使う電気には、最大何アンペアを使うかで契約しています。

一人暮らしだと20アンペアか30アンペアです。

4人家族だと40アンペアとか50アンペアが一般的です。

電力はアンペア(A) x 電圧(V) で計算されます。

電圧は一般家庭では100Vです。

なので例えば、20Aで契約している場合は、家全体で2000Wまで同時に電力を使用できます。

PS5の最大電力は350Wで、通常は約200Wを使用しています。

つまり、PS5でゲームをプレイしている間は、20A契約だと残り1650~1800Wしか使えません。

ゲームをしている間、家の中では冷蔵庫やエアコンなどが動いてますよね。

そこで、電子レンジを使ったり電気ケトルでお湯を沸かしたりしたら。。。

あっという間に2000Wを超えてしまいます。

その瞬間ブレーカが落ちてしまいます。

ブレーカーがよく落ちる場合は、同時にどれだけ電気を使っているか見直してみましょう。

ブレーカーが落ちる原因②消費電力がコンセントの最大電力を超えている

壁に付いているコンセントは一つで1500Wまで使用できます。

コンセントは2口あるので合計3000wまでと思うかもしないですが、それは間違いです。

2口付いているコンセントは、それで一つです。2口で1500wまでなので注意してくださいね。

PS5を接続しているコンセントに、コタツとかドライヤーとか使ってないですか?

家の契約アンペアが例えば40Aだとしても、一つのコンセントで1500w超えるとブレーカーが落ちます。

PS5でブレーカーが落ちるときの対策

PS5でブレーカーが落ちる時の対策は、同時に使用している家電があるかを確認しましょう。

特に電子レンジや電気ケトルなど瞬間的に大きな電力を使用する家電は要注意です。

電気ケトルは最大1300Wまで電力を消費するので要注意です。

家電は一つのコンセントに集中させないように接続を見直しましょう。

どうしても同時に使う電力が契約アンペア数を超える場合は、契約アンペア数を大きくすることも考えた方がいいです。

PS5でブレーカーが落ちる原因と対策 まとめ

PS5でブレーカーが落ちる原因は同時に使用する電力が大きいからです。

PS5でゲームをしている間は、他の家電の利用を控えるようにしましょう。

消費電力が大きい家電を確認しておいて、いつ使用しているかを把握しておくのも良いです。

PS5の故障の原因にもなるのでブレーカーが落ちないように気を付けてくださいね。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオ・パソコン・ゲーム(PS5)についての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
PS5
車とかパソコンとか。

コメント