PS5のコントローラーの充電がすぐなくなる!バッテリーの電池持ちを伸ばす方法を紹介

PS5のコントローラーの充電がすぐなくなる PS5

PS5のゲームを夢中でプレイしているとPS5コントローラーの充電がすぐなくなりますよね。

ここでは、PS5コントローラーの充電がどれくらい持つのか?バッテリーの電池持ちを伸ばす方法を紹介します。

スポンサーリンク

PS5のコントローラーの充電はすぐなくなる?

PS5のコントローラーのバッテリーはフル充電で最大7時間使えます。

しかし、PS5コントローラーに備わっている機能をふんだんに利用したゲームでは4時間ぐらいになります。

なので、PS5コントローラーの充電は4~7時間で無くなることになりますね。

ハプティックフィードバックやアダプティブトリガーは意外とバッテリーを使いますよ。

また、バッテリーは徐々に劣化していくので少しずつ稼働時間が短くなっていきます。

PS5コントローラーのフル充電には3時間かかるので、計画的にゲームをしないとゲームをしたくても出来ない状況になるので気をつけてくださいね。

充電し忘れにも注意しましょう。

PS5のコントローラーの電池持ちを伸ばす方法

PS5のコントローラーの電池持ちを伸ばす方法は2通り。

1.PS5コントローラーの機能の調整をする
2.PS5コントローラーの電源の自動オフを設定する。

PS5のコントローラーの設定には、スピーカー、音量・振動・明るさが調整できるようになっています。

設定を変更するにはホーム画面の右上の設定から、周辺機器→コントローラーを選びます。

設定内容は
・振動の強さ
・トリガーエフェクトの強さ
・コントローラーのランプの明るさ
です。

電池持ちを伸ばすには、これらの機能を極力弱くする必要があります。

しかし、せっかくのPS5のゲームなので性能を100%使って遊びたいですよね。

私の場合は、明るさを少し暗くするぐらいにしています。

PS5コントローラーはPS5本体の電源をオフにすると電源が切れるようになっています。

しかし、PS5は起動していてもゲームをしていない時間ってありますよね。

通常その時間もPS5コントローラーの電源はついたままですが、設定でオフにすることが出来ます。

設定を変更するにはホーム画面の右上の設定から、システム→省電力→コントローラーの淵源を切るまでの時間を選びます。

・10分後
・30分後
・60分後
・電源を切らない

から選択可能です。

PS5のコントローラーの充電がすぐなくなるのは寿命?

PS5コントローラーのバッテリーは毎日フル充電すると約1年半で寿命になります。

PS5コントローラーのバッテリーはスマホと同じリチウムイオン電池です。

リチウムイオン電池は特性として、充電と放電を繰り返すごとに劣化していきます。

なので、毎日ゲームをしてフル充電を繰り返すと一度の充電量が減っていきだんだんゲームできる時間が短くなっていきます。

また、一般的には約500回充放電を繰り返すと寿命とされていますので1年半ぐらいで使えなくなります。

寿命を伸ばす方法として、充電を使い切るのとフル充電を行なわないことです。

常にバッテリー残量を20%~80%になるように使えば寿命が伸びます。

その代わり、1度のゲームのプレイ時間が短くなりますね。

また、フル充電をしないようにするには、バッテリー残量と充電時間を計算しないといけないので結構難しいです。

スポンサーリンク

PS5のコントローラーのバッテリーの交換方法

PS5のコントローラーのバッテリーの交換方法はありません。

PS5コントローラーはバッテリー交換できるように設計されてません。

バッテリーが寿命になったら使い捨てになります。

ただ、PS5コントローラーのスティックやボタンも使いまくると次第に動かなくなったり反応しなくなってくるので、結果的には新品に買い替えることになるのでバランスはとれているのかもしれないですね。

ネットでは、交換用のバッテリーが売っていたりしていますが、自分で交換するのは自己責任になるので気を付けてくださいね。

また、そういったバッテリーは純正品ではないので品質がどうなのか分かりません。

スマホでもバッテリーから出火とか事故があるのでバッテリー交換はおすすめできません。

PS5のコントローラーは2台持ちが便利

PS5コントローラーは充電しながらでもプレイはできます。

しかし、充電しながら使用するのはフル充電になりやすいのでバッテリーにとってはよい環境ではないです。

1日のゲーム時間が長い場合はPS5コントローラーの2台持ちが便利です。

ゲーム中に片方のコントローラーを充電できるので充電時間を気にする必要がないですよ。

急にコントローラーが壊れても慌てずにゲームも続行出来ますね。

別売りのPS5コントローラーは色違いがいくつも販売されているので気分によって替えるのもいいですね。

純正の充電スタンドがあれば充電しながら収納も出来て見映えもバッチリです。

PS5のコントローラーの充電はすぐなくなる まとめ

PS5コントローラーの充電はフル充電で7時間ぐらいなのでゲームに夢中になるとすぐなくなりますね。

バッテリーの時間を伸ばすには機能を抑えて省エネで使うしかないです。

しかし、これだとゲームを楽しくプレイできませんよね。

私は、せっかくのPS5なのでバッテリーを気にせず思いっきり遊んだほうがいいと思います。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
PS5
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました