Chromebookの印刷はcanonのプリンターで簡単!TS8130を使ってみた結果

Chromebookの印刷はcanonのプリンターで簡単!TS8130を使ってみた結果 Chromebook

Chromebookで印刷したいときプリンターが使えたら便利ですよね。

Chromebookに自宅にあるプリンターのキヤノンTS8130が接続できるか試してみました。

ここの記事では、Chromebookでのプリンターとスキャナの接続方法についてまとめています。

スポンサーリンク

▼関連記事▼
Chromebookの使い方!初心者がつまづく初期設定と接続方法。

ChromebookにプリンターTS8130を接続

Chromebookでキャノンのプリンターを使うには、まずChromebookにプリンターを登録します。

プリンターのドライバーはChromebookの標準ドライバーを使います。

逆に言うと、キャノンにはChromebook用のドライバーはありません。

Chromebookにプリンターを登録する方法は以下の通りです。

 

接続にWi-Fiを使う場合は、まずプリンターをWi-Fiに接続します。

Chromebookの「設定」から「詳細設定」の「印刷とスキャン」を選択します。

「印刷とスキャン」のメニューから「プリンタ」を選択。

保存されているプリンタに TS8130の名前が無かったら、下にあるプリンタの追加で追加します。

プリンターがWi-Fiに繋がっていれば自動検索でプリンターを探してくれます。

プリンター名が出たらそれを選択してください。

これでChromebookでTS8130プリンターが使えますよ。

Chromebookにプリンターが検出されないときの対処法

無線LANで、Chromebookにプリンターが検出されない場合は、電源を入れ直すと検出してくれます。

電源を入れ直す場合は、一度に全ての機器の電源を切ります。

Chromebook、プリンター、Wi-Fiルータ、全ての電源を切ります。

電源を切って1分位待ちましょう。

次に機器の電源を入れていきますが、1つずつ電源を入れていきます。

電源を入れる順番は、Wi-Fiルータ、プリンター、Chromebookの順です。

1つずつ、確実に立ち上がってから次の機器の電源を入れましょう。

全て立ち上がったら、再度プリンターの設定を行なってください。

万一、プリンターが検出されないときは手動で設定してください。

Googleクラウドプリントはサポート終了

他の方法で、Googleクラウドプリントっていうのがありますが、これは2020年12月31日にサポートが終了しています。

Googleクラウドプリントはもう使えないので気を付けてくださいね。

ChromebookにTS8130のスキャナーを設定する

TS8130のスキャナーを使うためには、「印刷とスキャン」のメニューから「スキャン」を選択します。

Chromebookがスキャナーを探しにいくのでTS8130がWi-Fiと繋がっていれば自動的に検出されて見つかったらスキャナーが使えるようになります。

私の場合、ここでうまく検出されなくてスキャナが使えませんでした。

いろいろ調べて試してみても全然繋がりませんでした。

スポンサーリンク

諦めかけて最後の手段でChromebookを再起動したらあっけなく繋がりました。

もし、自動的に検出されなかった場合、Chromebookを再起動したら良いかと思います。

ChromebookでのTS8130を使ってみた結果。機能は基本的なものだけ使える

ChromebookでTS8130を使う場合、機能は基本的なものだけです。

キヤノンがchromebook用のドライバーを作ってないし、アプリもないのでChromebook標準の一般的な機能しか使えません。

だけど、両面印刷や用紙1枚に複数ページの印刷など普段使うような機能はちゃんと使えるので問題なさそうです。

プリンターヘッドのクリーニングや残量確認などはアプリがないので使えないです。

便利な機能は、プリンター本体で行うことになります。

スキャンも解像度や保存するファイル形式なども限られます。

解像度は150dpi、300dpi、600dpiが選択できて、ファイル形式はjpeg、pngが選択できるので普通に使う場合は問題ないです。

一番気になったのはスキャナは自動切り出しが無いことです。

決まったサイズより小さいものをスキャンした場合は、あとから余白部分を削除する加工が必要になるので面倒ですね。

Chromebookにおすすめのプリンターは?

Chromebookにおすすめのプリンターは

  • プリンター本体に液晶パネルがあるもの
  • エントリークラス
  • 無線LAN

です。

Chromebookには、Windowsのように便利なアプリはインストールできません。

プリンターに付属している便利なユーティリティソフトは使えないです。

ユーティリティソフトにはパソコンでインク残量が分かるものがありますが、Chromebookには使えません。

インク残量はプリンタ本体で確認するしかないので、液晶パネルがついたものが良いです。

上級クラスのプリンターには、CDのレーベル印刷やネイル印刷などが出来ます。

が、それらはユーティリティソフトから使うようになっています。

Chromebookには使えないので、プリンターの特殊な機能はあっても無駄です。

Chromebookだけで使うプリンターなら印刷に特化したエントリークラスで十分です。

Wi-Fiが使えない場合はUSBで接続する

Wi-Fiが使えない場合は、TS8130はUSBでも使えるのでChromebookとはUSBケーブルと接続しましょう。

USBケーブルで接続した場合の設定方法はWi-Fiの時と同じです。

Chromebookが自動的にプリンターを検出してくれます。

まとめ

ChromebookでキヤノンプリンターTS8130が使えるか試してみましたが、使えることが分かりました。

Chromebook用のアプリが無いのでWIndowsのように便利な機能が使えないのは残念です。

基本的な機能は問題なく使えるので全然問題はありません。

▼関連記事▼
Chromebookの使い方!初心者がつまづく初期設定と接続方法。

 

スポンサーリンク
この記事を書いた人
shoei

車、パソコン、ゲームが好きな40代男です。
このブログでは愛車DJデミオやパソコンについての情報を発信していきます。

shoeiをフォローする
Chromebook
shoeiをフォローする
車とかパソコンとか。

コメント

タイトルとURLをコピーしました