雪の中庭

公開日: : 行事・その他

4年ぶりとなる大雪で、校内もすっかり雪化粧です。
ホワイトハウスへ向かう坂道では、温かな陽射しで
木々からの雪解けのしずくが雨のようです。
真っ白い雪も温かな陽射しも、神様からの恵みを感じます。

大寒は過ぎましたが、まだまだ寒い日が続きます。
風邪などひかないように、お過ごしください。

DSC_0839
DSC_0841

関連記事

  • “Change Maker Awards”で受賞!

    2019年9月1日に開催された、英語4技能×探究学習によるプレゼンテーションコンテスト “Change Maker Awards”(第2回)において全国412応募の中から本校帰国生徒2グループが本選に…

    記事を読む

  • アドベント(待降節)

    教会の暦では12月1日より、クリスマスを待ち望む期間であるアドベント(待降節)に入りました。 校内も各所がクリスマスツリーやリース、ポインセチアに彩られています。 陽が落ちる時刻には、正門…

    記事を読む

  • 卒業の季節

    暖かな春らしい日、頌栄では卒業に関する行事が続きます。 生徒会主催の送別会、終業礼拝、第131回卒業証書授与式と この1年間を振り返り、また新たな一歩を踏み出すための時を持っています。 この…

    記事を読む

  • MOS2014世界学生大会出場!(3)

    世界大会は、国内試験と違い、世界大会方式で試験が実施されるようで、仲村さんも事前に配布された対策用課題に取り組んでいます。 本日も、担当の小林先生の指導を受けながら復習&予習&最終チェック! …

    記事を読む

  • 中庭が整備されました

    この春、頌栄女子学院は創立130周年記念事業の一環として、中庭を整備しました。老木の目立った中庭が若々しい木々に植え替えられ、明るく広くなった印象です。…

    記事を読む

  • 秋の校庭

    本校校庭の一部は港区の保護樹林に指定されています。 11月末~12月初め頃には美しい紅葉を見ることができます。 下校庭に続く坂道 創立当時の面影を残す「記念堂」 教室の窓から校庭を一望…

    記事を読む

  • 夏の花

    真夏の日差しの元、中庭にはアガパンサスの花が涼やかに咲いています。 アガパンサスの花名の由来は、ギリシャ語の「アガぺ(愛)」と 「アントス(花)」で、「愛の花」という意味があるそうです。 …

    記事を読む

  • 新年度が始まりました

    入学式から1週間が過ぎ、238名の新入生を迎え、2018年度が始まりました。 暖かな日が多い今年の陽気で、中庭の花が一斉に開花しました。 色とりどりの花が新入生を歓迎しているようです。   …

    記事を読む

  • 秋の訪れ

    CLD,SFD,バザーと学院の行事が続いている間に季節は進み、 心地よく吹く風が涼しく感じます。中庭からは虫の音も聞こえてきます。 校内の植物たちにも秋を感じるようになりました。 …

    記事を読む

PAGE TOP ↑