星空観望会開催

公開日: : 行事・その他

校舎のバルコニーから天文観測
7月10日金曜日。毎日続く雨空に半分諦めかけていた「星空観望会」。7月に入ってからは一度も見えたことがなかった星を、学校に残って親子で観察しようという企画が、こんな絶好の条件で実現するとはだれも予想しませんでした。きっと頌栄生と先生方の熱い思いが天に通じたのでしょう。
この日は、金星が1年で最も明るく輝いて見える夜。暮れなずむ空に真っ先に現れる一番星がその金星です。望遠鏡で覗くとまるで三日月のように半面に太陽の光を受けた惑星がはっきり確認できます。やがて金星の横に木星が見えてきます。金星よりはるかに大きな惑星ですが、ずっと遠くに離れているためその光は弱々しく、あの魅力的な縞模様が判別できるほどにはその素顔を見せてはくれません。
そして北の空には土星が見え始めます。まるで絵に描いたように美しい土星の輪を望遠鏡が捉えると、ワーッと歓声があがります。感激して涙ぐむ生徒も!これぞ星空観察望会の醍醐味。親子で感動を共有できたのもこの会の大きな収穫です。
星空案内人の資格を持つ本校理科教員が中心となって実現した「星空観望会」。これから何回も開かれる予定です。

P1110600kakou

関連記事

  • MOS2014世界学生大会出場!(4)

    2014年7月27日~30日(現地時間)、「MOS世界学生大会2014」決勝戦がアメリカのディズニーランド(カリフォルニア)で開催されました。 世界130ヶ国から延べ74万人の学生が参加し、各国代表…

    記事を読む

  • “Change Maker Awards”で受賞!

    2019年9月1日に開催された、英語4技能×探究学習によるプレゼンテーションコンテスト “Change Maker Awards”(第2回)において全国412応募の中から本校帰国生徒2グループが本選に…

    記事を読む

  • 卒業記念植樹

     ←職人さんが支えているのが「くろもじ」の木 ←復興伝承杭「みらいんや」(植樹前) この春卒業した129回生が卒業記念として植樹を希望していましたが、このほどようやく「クロモジ」の植樹が実…

    記事を読む

  • アドベント(待降節)

    教会の暦では12月1日より、クリスマスを待ち望む期間であるアドベント(待降節)に入りました。 校内も各所がクリスマスツリーやリース、ポインセチアに彩られています。 陽が落ちる時刻には、正門…

    記事を読む

  • 5月校外学習

    中学2年生は、初めて飛騨高山に行って「農業体験」を行いました。大地や植物に直接触れる貴重な体験を経て、自然と融和した生活を実感する三日間となりました。…

    記事を読む

  • クリスマスツリー

    12月3日から教会の暦ではアドベント(待降節)に入りました。 クリスマスを待ち望んで過ごす期間です。 正面玄関にはクリスマスツリーが、校内にはリースが飾られました。 寒さが一段と厳しくなってきま…

    記事を読む

  • MOS2014世界学生大会出場!(2)

    <世界学生大会選抜試験を終えて…> 高2の春休みに受験し、5位・6位の好成績を出した二人。 山縣さん 仲村さんともにパソコンが得意で、高2の授業でExcelを習得し、力試しに!と受験。 …

    記事を読む

  • 紅葉とクリスマス

    12月は下校庭の木々が紅葉します。 雨上がりには、黄色い銀杏と真赤なモミジが舗道に美しいグラデーションを描きます。 都会のクリスマスは冬景色には早く、まるで季節が一つずれて訪れるようです。 …

    記事を読む

  • MOS2014世界学生大会出場!(5)

    新学期も始まり、世界大会の賞状を携えて、仲村さんが情報準備室を訪ねてくれました。 あらためて、世界大会の感想を尋ねると… 「高校生での参加は少なかったのでとても緊張しました。試験の勉強もか…

    記事を読む

  • 6月の中庭

    関東も梅雨入りしました。 学院では、この季節ならではの植物が鮮やかな彩りを中庭に添えています。 アジサイの合間からのぞく黄色い花は、キンシバイ(金糸梅)。 花の形が梅によく似ているこ…

    記事を読む

PAGE TOP ↑