星空観望会開催

公開日: : 行事・その他

校舎のバルコニーから天文観測
7月10日金曜日。毎日続く雨空に半分諦めかけていた「星空観望会」。7月に入ってからは一度も見えたことがなかった星を、学校に残って親子で観察しようという企画が、こんな絶好の条件で実現するとはだれも予想しませんでした。きっと頌栄生と先生方の熱い思いが天に通じたのでしょう。
この日は、金星が1年で最も明るく輝いて見える夜。暮れなずむ空に真っ先に現れる一番星がその金星です。望遠鏡で覗くとまるで三日月のように半面に太陽の光を受けた惑星がはっきり確認できます。やがて金星の横に木星が見えてきます。金星よりはるかに大きな惑星ですが、ずっと遠くに離れているためその光は弱々しく、あの魅力的な縞模様が判別できるほどにはその素顔を見せてはくれません。
そして北の空には土星が見え始めます。まるで絵に描いたように美しい土星の輪を望遠鏡が捉えると、ワーッと歓声があがります。感激して涙ぐむ生徒も!これぞ星空観察望会の醍醐味。親子で感動を共有できたのもこの会の大きな収穫です。
星空案内人の資格を持つ本校理科教員が中心となって実現した「星空観望会」。これから何回も開かれる予定です。

P1110600kakou

関連記事

  • 5月の校内

    新年度が始まり、1か月あまりが経ちました。校内の木々の葉は、色濃く生き生きとしています。中庭、港区保護樹林に指定されている運動場では、その自然を活かした授業が繰り広げられています。(中学1年生の美術、…

    記事を読む

  • 秋の深まり

    CLD、SFD、ハイキング…と秋の行事が滞りなく済み、落ち着きを戻した学院です。 中庭では秋の深まりを感じさせる花々が咲いています。 [caption id="attachment_1189…

    記事を読む

  • 春の到来

    中庭に抜ける扉を開けると、濃厚な梅の香りが鼻孔をくすぐります。どんなに吹く風が冷たくても、春は確実に訪れています。 3月14日高校卒業式。今日、218名の卒業生が慣れ親しんだ学び舎を巣立っていきまし…

    記事を読む

  • C.L.D.準備

    校内が1年で1番活気づく行事であるC.L.D.。 生徒も先生も総出で、共に学んだことを 伝えようと準備をしています。 たくさんの方のご来場をお待ちしております。  …

    記事を読む

  • 合唱コンクール

          6月の第2、または第3土曜日には、「合唱コンクール」が行われます。20年ほど前に生徒会の企画で行われたのが始まりですが、今ではすっか…

    記事を読む

  • 花の日礼拝

    6月の第2日曜日には、多くの教会で「子どもの日(花の日)礼拝」が捧げられます。 本校では、6月11日(水)、朝の合同礼拝において、「花の日礼拝」を行いました。放課後には、中学を代表して…

    記事を読む

  • 中庭の秋

    本校の校歌に「窓のあけくれ隔てぬ友と…」という一節がありますが、この時期、芝生の上にきらきら光る窓の形が出現します。 様々な条件が整った晴れた日のお昼前、わずかな時間にしか見られない光景です…

    記事を読む

  • “Change Maker Awards”で受賞!

    2019年9月1日に開催された、英語4技能×探究学習によるプレゼンテーションコンテスト “Change Maker Awards”(第2回)において全国412応募の中から本校帰国生徒2グループが本選に…

    記事を読む

  • 紅葉とクリスマス

    12月は下校庭の木々が紅葉します。 雨上がりには、黄色い銀杏と真赤なモミジが舗道に美しいグラデーションを描きます。 都会のクリスマスは冬景色には早く、まるで季節が一つずれて訪れるようです。 …

    記事を読む

  • 聖歌隊うれしい成果

    この夏、NHK全国学校音楽コンクールに聖歌隊が出場し、高校生は厳しい「都府県地区コンクール」を勝ち抜き、ブロックコンクールにまで駒を進めました。同コンクールに挑戦して初めての快挙です。 中学生も…

    記事を読む

PAGE TOP ↑