頌栄カルチュラルデイ

公開日: : 行事・その他

9月25日、「カルチュラルデイ」を開催しました。
今回は劇団影法師による「三国志」を本校グローリアホールにて鑑賞しました。
Co-Learners’ Day とチャリティーバザーに挟まれた日程を利用し、芸術の秋を堪能しようという企画です。
脚本ジェームス三木、人形美術は川本喜八郎によるもので、一場面、一場面がまるで絵画のように美しく、いつしか幻想的な人形たちの世界に引き込まれていきました。
P1100104 P1100128

関連記事

  • 中庭の秋

    本校の校歌に「窓のあけくれ隔てぬ友と…」という一節がありますが、この時期、芝生の上にきらきら光る窓の形が出現します。 様々な条件が整った晴れた日のお昼前、わずかな時間にしか見られない光景です…

    記事を読む

  • 中庭が整備されました

    この春、頌栄女子学院は創立130周年記念事業の一環として、中庭を整備しました。老木の目立った中庭が若々しい木々に植え替えられ、明るく広くなった印象です。…

    記事を読む

  • 雪の中庭

    4年ぶりとなる大雪で、校内もすっかり雪化粧です。 ホワイトハウスへ向かう坂道では、温かな陽射しで 木々からの雪解けのしずくが雨のようです。 真っ白い雪も温かな陽射しも、神様からの恵みを感じます。…

    記事を読む

  • クリスマス礼拝

    冬休み前最後の登校日はクリスマス礼拝で締めくくられます。 午前は高校、午後は中学のクリスマス礼拝が行われます。 ハンドベルの調べ、聖歌隊の力強い賛美の歌声、キリストの降誕をわかりやすく表現するペー…

    記事を読む

  • 花の日礼拝

    6月の第2日曜日には、多くの教会で「子どもの日(花の日)礼拝」が捧げられます。 本校では、6月11日(水)、朝の合同礼拝において、「花の日礼拝」を行いました。放課後には、中学を代表して…

    記事を読む

  • 夏の花

    真夏の日差しの元、中庭にはアガパンサスの花が涼やかに咲いています。 アガパンサスの花名の由来は、ギリシャ語の「アガぺ(愛)」と 「アントス(花)」で、「愛の花」という意味があるそうです。 …

    記事を読む

  • 聖歌隊うれしい成果

    この夏、NHK全国学校音楽コンクールに聖歌隊が出場し、高校生は厳しい「都府県地区コンクール」を勝ち抜き、ブロックコンクールにまで駒を進めました。同コンクールに挑戦して初めての快挙です。 中学生も…

    記事を読む

  • 5月校外学習

    中学2年生は、初めて飛騨高山に行って「農業体験」を行いました。大地や植物に直接触れる貴重な体験を経て、自然と融和した生活を実感する三日間となりました。…

    記事を読む

  • クリスマスツリー

    12月3日から教会の暦ではアドベント(待降節)に入りました。 クリスマスを待ち望んで過ごす期間です。 正面玄関にはクリスマスツリーが、校内にはリースが飾られました。 寒さが一段と厳しくなってきま…

    記事を読む

  • 芸術展開催

    2~3月にかけて、美術科(中2)、美術部、写真部、華道部などが廊下やコンコースに作品を展示し、行き交う人の目を楽しませます。   …

    記事を読む

PAGE TOP ↑